屋根リフォーム、外壁リフォームの費用相場について解説

屋根外壁リフォームの費用相場まとめ

外壁リフォームの費用相場

手塗りと吹付け塗装の違いとは?費用単価も変わるのか

投稿日:10月 26, 2023 更新日:

外壁塗装

 

住宅は建てれば終わりと言うわけではありません。

見た目を良くするだけでなく、雨風にさらされてもダメージを直接受けないようにするために外壁塗装を行う必要があります。

一般に外壁塗装と聞くと、ただペンキを塗ればいいくらいに思っている人もいるでしょう。

しかし、そこには高い技術力を有した職人の技が必要です。

その塗装をする際には手塗りと吹付け塗装という方法がありますが、どんな違いがあるのか解説していきます。

 

塗料の塗り方には手塗りと吹付け塗装がある

 

素人目には分かりにくいですが、外壁塗装の塗料の塗り方には手塗りと吹付け塗装という方法があります。

手塗りとは、人の手を持ってローラーや刷毛を使って外壁に塗っていく方法です。

一方の吹付け塗装とは、特別な器具を使用して塗料を霧のように吹き付けていく方法になります。

どちらも外壁にペンキを塗っていくという点では同じです。

両者の大きな違いは作業時間が挙げられます。専用の器具を使った吹付け塗装と比べれば、人の手を介した手塗りは時間がかかります。

器具を使う方が作業時間も短くメリットを感じるかもしれませんが、手塗りに根強い人気があるのも事実です。

 

手塗りと吹付け塗装のメリット

 

手塗りは人が直接塗料を塗るということから、凹凸の部分であってもしっかりとムラなく仕上げることができます。

使用する塗料の量も少なくて済みますし、複雑な形をした外壁であっても問題なく塗料を塗りつけることができるでしょう。

吹付け塗装に関しては、圧倒的に塗装のスピードが早いことが挙げられます。

施主にとっては少しでも早く完成させたい方も多く、施工スピードが早い吹付け塗装は強い力を発揮します。

 

費用単価に違いはあるのか?

 

イメージ的に器具を使って塗装を行う吹付け塗装の方が、手塗りよりも費用が安く済むように思えます。

しかし、実際の施工にかかる金額に大きな違いはないようです。

もちろん業者によって異なりますが、そこまで大差はつきません。

理由として、手塗りは人の手で塗ることから高価な塗料でも無駄になることはほとんどなく、高度な技術力は必要ないことから人件費もかかりません。

吹付け塗装では塗料が飛び散ることからより多くの塗料や徹底養生が必要になり、施工にもある程度の技術力が必要なことからベテランの職人が行います。

そのため外壁塗装に関しては費用単価的には、あまり違いはないのです。

 

まとめ

 

外壁塗装にかかせない手塗りと吹付け塗装ですが、どちらも得手不得手があり、一概にどちらの方がいいとは言い切れません。

スピード重視か丁寧さを重視かを考える方もいるかもしれませんが、費用に関してもそこまで違いはありませんので、じっくり考えて施工を選ぶといいでしょう。

分からないことは業者の担当者にしっかり聞くことが大切です。

-外壁リフォームの費用相場

Copyright© 屋根外壁リフォームの費用相場まとめ , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.